当サイト「新日本プロレス驀進ロード!!新日本プロレスをこよなく愛す男のブログ」では、新日本プロレスの試合、選手の試合後のコメント、今後の動きや展開、ユニット抗争、ユニットの概要、選手についてなど、新日本プロレスをあらゆる角度からフォーカスを当てて感想を綴っています。

新日本プロレス驀進ロード!!新日本プロレスをこよなく愛す男のブログ

新日本プロレス

記事2 新日本プロレスとは如何なるものなのか!?

更新日:

読者の皆様、こんにちは
私は当サイト管理人の「大きなお友達」と申します。
今回は【新日本プロレスとは如何なるものなのか!?】をテーマに語りたいと思います。


(C)新日本プロレス公式サイトより引用

先ずは、新日本プロレスとは如何なるものか!?それについて語ろうと思います。
新日本プロレスが旗揚げされたのは、私がこの世に生を享ける以前の1972年。
当時の記録は映像や記述でしか確認は出来ませんが、あの頃の日本は終わりがけとは言え時代はまさに高度経済成長の時代。
翌年のオイルショックでその期間にも終止符が打たれますが、まだ日本全国に活気のあった時代でした。
旗揚げしたのは、今は現役を引退してはいるもののリビングレジェンドであるアントニオ猪木。
プロレスを観たことなかったり、プロレスすら知らなかったりする人でも知っている程の有名人です。
それは時代を超えて、現代の子供たちですらも知っているくらいですから本当にスゴイ人だと思います。
そのアントニオ猪木と新日本プロレスが産んだ功績は非常に大きく、猪木さん自身は数々のタイトルの王者に輝く。
そして異種格闘技戦を行い、中でもモハメド・アリとの戦いは今でも格闘技ファンの語り草になっています。
マサ斎藤さんと観客無しのノーレフェリー状態で行われた巌流島対決なんか実況すらありませんから衝撃的でした。
他にも団体としてはIWGPのベルトの設立、社会現象まで成った初代タイガーマスクの誕生。
東京ドーム大会、ニュージャパンカップ、ベストオブザスーパージュニア、G1クライマックス、ワールドタッグリーグなど。
選手としては、アントニオ猪木、坂口征二、藤波辰爾、長州力、マサ斎藤、前田日明などの選手から闘魂三銃士へ。
そして第三世代から現在活躍する選手まで、時代は変われど脈々と受け継がれたストロングスタイル。
これこそが新日本プロレスの魅力であり、最大のセールスポイントであり、真骨頂なのです。
今の若い世代のファンでは知らない方も多いとは思いますが、昔は金曜日の20時のゴールデンタイムで放送されていました。
花の金曜日と言われていた時代の頃で、現在のミュージックステーションの放送枠ですね。
今でこそ深夜枠に追いやられてしまいましたが、当時はゴールデンで放送するくらいですから凄かったんでしょうね。
深夜枠での放送以外にも、CS放送やBSでの番組に新日本プロレスワールドでも試合は観れますけど。
でも、世の中にもっと新日本プロレスを広めるには、地上波放送で深夜枠から脱するのが一番良いんですけどね。
このサイトを知った読者の方が少しでも新日本プロレスに興味を示し、そしてファンになって伝播していくのが願いです。
余談ですが、深夜枠での放送って番組の変更や時間帯の変更や中止などが度々あるんですよね。
今みたいなHDDと違って、ビデオで録画していた頃なんかちゃんと録画出来てない事がよくありましたから(笑)
それにネットなんかも無かった時代ですから、試合結果は新聞でチェックしてましたからね。
ネットが普及して本当に便利になったと思いますし、昔の試合も沢山観れるから嬉しい限りです。
詳しくはウィキペディア大先生をご覧になられた方が早いとは思いますが、ご参考までに(笑)

では、次回の更新まで・・・その答えはもちろん!
トーーランキーーロ!!あーーっせんなよ!!
アディオス!!

管理人 大きなお友達

-新日本プロレス
-,

Copyright© 新日本プロレス驀進ロード!!新日本プロレスをこよなく愛す男のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.